これで解決!タマディックのお悩み

MENU
タマディックは、転職してから配属先が決まるのですか?
MENU
タマディックの航空分野には自信がありますが、転勤はありますか?
MENU
タマディックでその分野の研究を定年までずっとつづけられますか?
MENU
航空宇宙・自動車のほか、タマディックにはどんな分野がありますか?
MENU
エンジニアとして味わう辛さ・苦しみなどはありますか?
MENU
転々と違った分野の研究開発を強いられることはありますか?

エンジニアとして味わう辛さ・苦しみなどはありますか?

これで解決!タマディックのお悩みmain画像

タマディックならではの辛さ・苦しみはあるのでしょうか。新しい時代の技術者像を含め、一般論としてエンジニア心得を考えます。

エンジニアとして味わう辛さ・苦しみなどはありますか?

エンジニアなら仕事の達成感は人一倍大きいはずです。

タマディックだから特別な苦悩や壁があるわけではありません。

一般論としての技術者像を追ってみましょう。

●エンジニアは”逃げない、諦めない”が大事。

覚悟というほどの気負いは必要ないと思いますが、先端技術の競い合いが前提の職業ですから、地道な研鑽の日々とは別に、タイムテーブルに沿った成果は出していかなければならないのは当然です。

またタマディックに限らず、研究開発は失敗の連続に折れそうになることや、違うミッションに自分の逃げ場を見つけたくなることも多いと思います。

エンジニアの宿命のようなものですが、こんなとき自分をどうコントロールできるかも優秀な技術者の要件です。

●何があってもゴールに到達するというプロ意識。

新しい職場は新鮮に映ります。

しかしタマディックであれどこの会社であれ、少し慣れてくれば会社のアラも見えてきて不平不満が溜まるものです。

ノルマはなくても納期があり、所定の時期にはクライアントからの進捗状況のチェックも入ります。

そうした日々の中で喜びを見出す確率は少ないと思いますが、エンジニアならそれが当たり前と割り切るべきです。

●優秀な技術者は世界中に散らばっています。

グローバルな時代に自分はどんな技術者であるべきかを問いつづけましょう。

勤勉、真面目、優秀という日本人神話は終わりました。

タマディックがグローバル戦略を進めているのと同じ視線で世界を眺め、自分はどの分野のどんな技術として競争力をつけるかを描けるようになりましょう。

それが勉強できるのもタマディックかも知れません。

これで解決!タマディックのお悩み Copyright (C) www.borgeaudwatches.com.